USBメモリにOS X Mavericksのインストールメディアを作成する方法

0 google+0 はてなブックマーク0
2014年9月2日6:45 PM|その他メモ

今までしつこくMacOS 10.8で使用していたMacBook Air。
いいかげんに、OS X Mavericks(MacOS 10.9)にしようという事になった。

以前、MacBook Airを買ってきた時にインストールメディアを作ったのだけど。
(詳しくは私の別ブログに載っています。MacBook Airのリカバリ用USBメモリの作り方 - サツぽろ、ニッキ。

今回もインストーラがある方がいいよねという事で作る事に。

一応、アップル公式サイトにインストーラの作成方法が書いてある。
起動可能な OS X インストーラを OS X Mavericks で作成する

でも、検索すると以下に判りやすい画像入りの説明があった。
OS X Mavericksのインストールメディア作成 - いろいろやってみるにっき

これを元にインストーラを作成。

OS X Mavericks インストーラ作成ステップ

1,USBメモリを用意する
2.OS X Mavericksのダウンロード
3.USBメモリの初期化
4.ターミナルでコマンドを使う
5.作成し完了

1,USBメモリを用意する

5.30GB以上空があるUSBメモリが必要なので、選択肢は8GBのUSBメモリ。
書き込みに時間がかかるので、出来れば3.0がいい。

2.OS X Mavericksのダウンロード

App StoreでOS Xを検索し、ダウンロードする。
ダウンロードすると、アプリケーションフォルダにOS X Mavericks インストール.appがあるはず。

OS X Mavericks インストーラ作成

3.USBメモリの初期化

ディスクユーティリティを使いUSBメモリを初期化する。

OS X Mavericks インストーラ作成

ディスクユーティリティ起動し、フォーマットを「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」に。
判りやすい名前(Mavericksなど)をつけ、「消去」ボタンを押す。

OS X Mavericks インストーラ作成

表示がでるけどもちろん初期化するので、そのまま「消去」ボタン。

4.ターミナルでコマンドを使う

初期化したUSBメモリは接続したまま。
ターミナルを起動する。

OS X Mavericks インストーラ作成

ここで公式サイトに書かれていたコマンドを使う。

sudo sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app --volume /volumes/Mavericks

Mavericksのところは、3で付けたUSBの名前になる。
アプリケーションフォルダの中にOS X Mavericks インストール.appを置いたままであれば、他は変更なし。

---
ちょっと脱線メモ:

sudo sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app --volume

という風にvolume の後に半角を入れたまま、メディアをドロップすると自動でボリューム名を入れてくれるとの事。
---

5.作成し完了

Enterキーを押すと、
PassWord:
が出るので、管理者パスワード(一人で使っている場合、Macにログインする時のパスワード)を入れる。

OS X Mavericks インストーラ作成

If you wish to continue type (Y) then press return:
と出るので、Yキーを押してからEnter(return)キーを押す。

書き込みが始まる。
USB3.0だと早いけど、USB2.0の場合30分以上かかるらしい。

OS X Mavericks インストーラ作成

Done.

が出ると完了となる。
後はターミナルウィンドウを閉じれば終わり。

OS X Mavericks インストーラ作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です