WordPress投稿の自動保存と下書きを停止してくれるプラグイン

0 google+0 はてなブックマーク0
2014年2月10日12:30 PM|WordPress プラグイン

WordPressには記事の自動保存をしてくれる機能がある。
それを停止してくれるプラグイン。

Disable Revisions and Autosave

WordPressの自動保存機能はとても便利。
だけど、便利な反面、その都度の変更履歴が保存されてしまう。

なので、保存されるたびに記事IDが増えてゆくのと、データベース上にもその記録が残る。
しかも、削除も標準の機能ではできなかったりする。

ページ数の少ないブログならよいのだけど。
記事数が増えると、データベースを圧迫し、表示が遅くなるかも?という事で、私は入れていたりする。

(と言っても、今まで使ったレンタルサーバーで、そんな事が起きたことないのだけども。)

使い方は簡単。
プラグインを入れて、有効にするだけで終わり。

ちなみにプラグインを入れない方法もあります。
自動保存機能を停止する場合は、テーマファイル内のfunctions.phpを修正。

自動保存機能を停止する

functions.php

<?php
function disable_autosave() {
     wp_deregister_script('autosave');
}
add_action( 'wp_print_scripts', 'disable_autosave' );
?>

リビジョン機能を停止するには、WordPressデレクトリ直下にある設定ファイルwp-config.phpを修正。

リビジョン機能を停止する

wp-config.php

<?php
define('WP_POST_REVISIONS', false);
?>

大切なのは、wp-settings.phpを読み込む前に書くこと。

参考サイト:
WordPressで自動保存・リビジョンを停止する方法 | com4tis Blog
WordPress のリビジョン機能を停止する方法と、コードの記述場所について考える | Simple Living

とはいえ、プラグインだとやっぱり手軽。
随分前に作られたプラグインだけど、動いていますヨ。

※今までのリビジョンを削除するプラグインの記事は、以下からどうぞ。
WordPressの投稿リビジョンを削除 - サツぽろ、ニッキ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です