Macの右クリックメニューの項目追加とサービスの削除

0 google+0 はてなブックマーク2
2015年1月7日11:04 AM|その他メモ

Macの右クリックメニュー(コンテキストメニュー)の整理の続き。

前の記事、Macの右クリックメニューで必要ないものを消すに続いて、少し便利なカスタマイズ。
・右クリックメニューに「◯◯で圧縮」や、「◯◯で開く」などの項目追加する方法。
・階層化されてしまうサービスの項目を消してしまう方法。
のメモ。

1.右クリックメニューに項目を追加する
2.サービスの階層を消す


1.右クリックメニューに項目を追加する

追加する項目は、Windowsへのファイル受け渡しに便利な定番ソフト「WinArchiver Lite」。

Launchpadなどで「Automator」を起動。

右クリックメニューに項目追加

起動したら、ファイルメニューから新規を選択。

右クリックメニューに項目追加

種類の種類を選んでください、と出るので「サービス」を選択。

右クリックメニューに項目追加

サービスは次の選択項目を受け取る:を「ファイルまたはフォルダ」にする。

右クリックメニューに項目追加

「ライブラリ」の「Finder項目を開く」を右側にドラッグ&ドロップ。
このアプリケーションで開く:を、圧縮ソフト「WinArchiver Lite.app」に選択。

右クリックメニューに項目追加

メニューに表示させたい名前(ここでは「WinArchiverLiteで圧縮」)を付けて保存すると完了。

右クリックメニューに項目追加

適当なファイルやフォルダを右クリックすると、この通り。

右クリックメニューに項目追加

これでその場で簡単圧縮できるように。
他のソフトでも同じように指定すれば、項目に追加できます。


2.サービスの階層を消す

右クリックメニューに項目追加

4個以上の項目数になると表示される「サービス」という階層を消して、項目をそのまま表示する方法。

Launchpadなどで「ターミナル」を起動。
以下をコピーペーストで実行。

defaults write -g NSServicesMinimumItemCountForContextSubmenu -int 30

30の部分の数字が、表示される上限の数字です。
30個も項目を使うとは思わないので、お好きな数字どうぞ。

同じくターミナルで、以下のようにFinderを再起動。

killall Finder

これでサービスの階層が消えて、使いやすくなりますヨ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です